ゼロから解説!先物取引をおすすめする3つの理由

先物取引を始めてみよう

商品先物取引と金融先物取引

最近では、様々な投資や取引が有名になってきていますよね。
主婦や学生の方でも手軽に始められるとして、急激に成長したFXなどは記憶に新しいかと思います。

そういった取引の中でも、何となくとっつきにくいイメージがつきがちな先物取引について、あなたはどれくらいご存知でしょうか?
よく、仕組みが難しそうだとか、リスクが大きいのでは?と思われがちな先物取引ですが、きちんとその仕組みなどを知れば案外簡単なものだということが分かります。

そもそも、私たちの生活では、ものを買うときは会計を済まし、その場で商品を受け取ることが基本ですよね。
これを現物取引と呼びます。
それに対して、購入する時期と値段を決めてから、後日会計をして現物を受け取ることを先物取引と呼びます。

簡単な例を見ていきましょう。
Aさんが1リットル120円のガソリンを、半年後に100リットル購入するという約束をしたとしましょう。
合計価格は12000円ですね。
しかし5カ月後、ガソリンの輸出国でのトラブルによりガソリンはなんと160円まで値上がりしてしまいました。
しかし、今すぐガソリンが欲しかったBさんは高くとも購入したいと言いました。
そのとき、Aさんは購入予定であったガソリンを、ガソリンスタンドに仲介してもらうことでBさんに1リットル160円で売却することができました。

すなわち、Aさんはもともと1リットルで120円のガソリンを100リットル、すなわち12000円分購入したけれど、Bさんに売ったときには16000円になったため、差額である4000円が利益として手元に残りました。

こういった利益の生み出し方が、先物取引の特徴です。
このサイトでは、そんな先物取引について詳しく見ていき、初心者におすすめできるものとその理由、そしてそもそも先物取引がおすすめな理由をご紹介していきます。

TOPへ戻る